1. home‎ > ‎01_お知らせ‎ > ‎

Fungal Genetics Conferenceで発表してきました

2017/03/22 19:15 に 坂本裕一 が投稿   [ 2017/03/22 19:18 に更新しました ]
先日アメリカで行われたFungal Genetics conferenceで、「Role of blue light for fruiting body induction and development in basidiomycetous fungi」というタイトルで、発表を行ってきました。

今回は、Fungal Multicellular Development(多細胞糸状菌の分化)というセッションで、招待講演として呼ばれて、口頭発表してきました。

他の多くの講演者がカビの研究発表を行う中で、きのこの研究内容の発表だったので、興味を持ってもらえるか、心配していましたが、カビの研究者の人たちからも質問してもらえたので、興味を持ってもらえたようです。

発表内容は、現在行っているきのこ類の子実体発生に必要な遺伝子発現について、光が果たす役割についての研究についての紹介を行いました。

カビに比べると、まだまだ分かっていないことも多いですが、研究を進めることできのこ栽培の効率化や育種への応用が期待できる分野なので、頑張って研究を進めていきたいと思います。



学会会場はこんな雰囲気
太平洋に面しています
海岸沿いの砂丘にはいろんな花も咲いています

鹿やリスもいます





Comments