1. home‎ > ‎01_お知らせ‎ > ‎

マツタケジェネットに関する論文を発表しました

2016/09/27 17:51 に 坂本裕一 が投稿   [ 2016/09/27 17:52 に更新しました ]
岩手県林業技術センターと連携して行った研究成果がFungal Ecology誌に掲載されました。

マツタケのジェネット(遺伝的に同一と見なされる集団)の10年にわたる変遷をSSRマーカーを用いて解析したという内容です。

得られた結果から、新しいマツタケのジェネットの形成には、地表の撹乱が重要な要素であること、近くに親となるマツタケ発生場所が必要であることなどが分かりました。

得られた知見をもとに、マツタケが生えやすい山を維持するための管理方法などの開発につなげていきたいと考えています。

掲載されたページはこちらです。

Share with count


Comments